2014年2月9日

【岩手日日】92歳で28本(8020運動)


92歳で28本の歯が残っている佐藤さんを取材した。89歳で初めて歯科受診。治療した歯は1本(歯冠ハセツによる歯髄炎)。いつまでも健康な歯を守り、お元気でいてください!!(一関歯科医師会 イー歯トーブ8020表彰 東地区表彰)

リンク

「8020(ハチ・マル・二イ・マル)運動」は、「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という運動で、生涯にわたり自分の歯でものを噛むことを意味します。近年「8020」を達成している高齢者は増加していますが、高齢者全体が増えていますので、「8020」を達成していない高齢者も増加傾向にあります。